3.29.2015

赤岳主稜西壁 2015年3月28日・29日 幕営&小屋ご飯

昨年3月、Jamesに連れて行ってもらった赤岳主稜西壁のおさらいに行ってきた。
http://hansusya.blogspot.jp/2014/03/201438912.html
まー、おもろかったです☆
チョックストーンをなんとかクリア(笑)

3.28.2015

冬のボンノー大祭、終了〜☆

昨年、モーレツに悩んでたアウターの件。
http://hansusya.blogspot.jp/2014/11/blog-post_30.html
http://hansusya.blogspot.jp/2014/12/stray-sheep.html
今季はとっくに諦めておりましたが、なりゆきで事が急展開。
またボンノってまった……。



3.27.2015

コキ交換/SEA TO SUMMIT「Field Repair Buckle」

僕がメインで使っているザックは「ホグロフス マトリックス60」。
山登りの用として最初に買ったザックで、身体にもフィットしていてとても気に入っている。
しかし、ロープを外付けにする状況では、これまでチト難儀していた。
というのも、デフォルトではサイドコンプレッションベルトの長さを調整するパーツが
バックルではなく単なるコキ(ラダーロック)だったからだ。

コキはベルトの長さを調整する機能があるだけで、
ロープを固定する場合、ベルトとザックの間にロープをいちいち通す必要があった。
これが実にメンドクサイ!

なので、コキをバックルに交換しようと考えたわけだが、ひとつ問題があった。
コキはループ状になったベルトに取り付けられていて、
コキをバックルに交換する場合は、ベルトをカットして
バックルを取り付け再度縫うほかない。
しかし、縫うとなるとこれまたメンドクサイし、何よりも強度が不安だ。



で、ええもんはないんかい、とwebの森を歩いていると、見つけました。
シー トゥ サミットの「フィールド リペア バックル」。
500円(税別)なり。チト高いけどしょうがない。



これはバックルの♀側のパーツがネジ式になっていて、
ベルトのループにバックルをセットしたあとからネジを締めればOKというスグレモノだ。




もともと付いていたコキは、ニッパーなどで破壊!ウーム、ちょっとだけ心が痛む。




あとはバックルを取り付ければ、あっというまに交換終了となる。
ウーム、よいではないか!
ベルトをロックする機能も申し分なし。キッチリロックしてくれます。
難点としては、チト高いことと、けっこうデカイことくらいか。
強度的には何ともいえないけど、たぶん大丈夫じゃないかな(笑)
せば!




3.25.2015

阿弥陀岳南稜 2015年3月21日・22日 幕営

以前から行ってみたかった阿弥陀岳南稜へ行ってきた。

今回、年末山行以外ではなかなか一緒に山へ行くことができなかった
えれぇこったbpひろくんbp2号kakaがジョイン。
ガキが生まれてから以降、姫に山泊の許可を出してもらえなかったPたろうと、
フライシーズンが到来し、これから山より川がメインフィールドになるちんたろうも参加。
総勢6名の山行は、ムーチョおもろかったです☆
今回も写真のみな。詳細は例のごとくヤマレコを見てちょ☆

みんな、アザーッス☆
でも、ここは阿弥陀のピークじゃないんだけどね(笑)


3.23.2015

阿弥陀岳南稜Intro

阿弥陀岳南稜に行ってきた。詳細は追ってな。
続きはグロいので、閲覧注意な。

3.20.2015

初めて知った②



八ヶ岳界隈のMAPに磁北線を引こうと思って、
国土地理院のwebサイトにある「地磁気値を計算する」*で立場山付近を計算。
計算結果は「西偏6°37′」**だった。 ←①
*http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geomag/menu_04/index.html

その後、
電子国土web(http://maps.gsi.go.jp/)の八ヶ岳付近の磁北線をONにすると
赤い斜線とともに「7.3°」**と表示された。 ←②
計算結果の値①とは異なり、拡大倍率を変えてみるも値に変化はなし。

明らかにおかしいので、
念のため国土地理院の「2010.0年度 磁気偏角一覧図」で調べてみると
八ヶ岳西部の偏角は「6.30」**となっていた。 ←③

**①③は分度秒度分秒で、②は10進法でそれぞれ表示される。
 6°30′=6.5° / 7.3°=7°18′  ←④

 
①と③はだいたい同じような値なので、たぶん6°30′の方が正しいのだろう。
しかし、なぜ②の値が異なっているのかがよく分からん。

④より、値の差は0.8°。1km先でのズレは約14mだ。←間違ってたらゴメン
そのズレを大きいと見做すか、小さいと見做すかは、見解が分かれるだろう。
個人的にはたいしたズレではないと思う。そんなシビアな地図読みなんてできないし(^_^;

国土地理院のWEBサイトによると
>国土地理院では,10年周期で磁気図や磁気偏角一覧図を作成してきました.
>現時点では,2010.0年値が最新の値になっております.
>次回からは周期を5年とし,2015.0年値を作成する予定です.
との記述も見られるので、もしかしたら、②の値は2015.0年の最新値なのかしらん?
と思ったり。


しかし、やっぱり値が異なるのは腑に落ちないというか、なんとなく気持ちが悪い。
じゃあ、分からなかったら聞いてみよう!ということで
国土地理院さんにメールをしたところ、早々にご回答をいただけました。
さらに「ブログに載せて、周知させてもよかですか?」とお伺いしたところ、
OKとのことでしたので、ご回答を抜粋して掲載します。


3.19.2015

春の煩悩祭り☆

ウチにはザックが唸るほどあります。
山へはそんなに行かない(行けない)のに、なぜかザックが増えていくんですな。

容量順に    <僕>        <kk>
<冬季テン泊>・85L(マムート)  ・62L(アーク)
<テン泊>・・・60L(ホグ)            
<小屋泊>・・・48L(ホグ)    ・35L(ホグ)
<日帰り>・・・30L(アーク)   ・24L(BD)
<アタック>・・20L(inob-8)
       ※59L(ヴェイパー)←あまり使わない 
メーカー、統一感なさ過ぎ…orz

当初は48Lのホグのザックをkkが使っていたんだけど
トルソー長が合わないので、今は、僕がたまに使っている程度。
小屋泊クライミングでは、ロープやガチャなどがすべて収納できるので重宝している。
てか、そもそもkkが初めて買ったザックがその48Lのホグだった。
なので、よく分からずに「コレかっちょええ!」とジャケ買いした結果が、アレですわ(笑)

で、その埋め合わせをすべく、45〜50Lのザックが欲しい、とな。
で、またザックが増えたとよ↓コレな
 マウンテンハードウェアの「ダイアティッシマ50」
ザックの重さは50Lで1460g(カタログスペック)となかなかよい。
もちろん、基本、kk用のザックな。シメシメ

3.18.2015

ダイニーマスリングは結んじゃいけない!


マムートのページによると
8mmダイニーマスリングは結び目によって強度が大幅に低下するらしい。

・結び目なし      →22kN
・8の字結び      →48%ダウン(11.44kN)
・巻き結び       →35%ダウン(14.30kN)
・ガースヒッチ     →53%ダウン(10.34kN)
・オーバーハンドノット →54%ダウン(10.12kN)

結び目が強度を下げることは知っていたけど、これ程低下するとは知らなかった。ヤヴァかった〜。
ナイロンスリング(ポリアミド)の方が結び目による強度低下の度合いが少ないのが分かる。

240mmのダイニーマスリングで固定分散のアンカーつくる場合は、
途中を結んじゃうやり方ではなく、ビナのところで巻き結びにした方がベターだね。


DMMのビデオを見ると、結び目がいかにヤヴァいかを実感できるのでぜひ。

<参考サイト>
マムート
http://www.mammut.ch/ja/slingswebbings_faq_belay.html

DMM How to Break Nylon & Dyneema® Slings [Vid]
http://dmmclimbing.com/knowledge/how-to-break-nylon-dyneema-slings/

3.15.2015

NICE CLIMBING☆



年末に八ヶ岳で会ったかずちゃんと御在所岳のαルンゼに行ってきた。
超おもろかったッス☆

kkは伊吹山で山姥会山女子会。シメシメ




3.10.2015

広島じゃけ☆

行ってきた。写真だけな。













3.05.2015

南山朝練

週末に岩登りへ行こうと思っていたけど、土曜日は雨の予報orz
せば、早起きして朝練行こまい!ということで南山へGO!
たった2時間半ほどだったが、集中してよくガンバリました。
それにしても南山、ピンがめちゃくちゃ増えてますやん……
別にええねんけど、ちょっと複雑な気持ちデス……



3.02.2015

goro S-8の靴紐を変えてみた

個人的な感覚として、
goroのS-8は、しっかりと靴紐を締めないといけないようだ。
ただ、締め具合の調整がビミョーで、
緩いとイカンし、締め過ぎると足が痺れてしまう。
締め具合の感覚は経験を重ねるしかないんだろうけど、
今までよりもやや太めの靴紐に変えてみて、様子を見ることにした。
採用したのはアイスホッケー用の靴紐。
幅広なので締め付けても痛くなりにくいんじゃないかな、と。
でもって、蝋引き(wax)なのでしっかりと締めることができるらしい。
ということで、今度山で試してみてインプレをアップするかも(笑)


3.01.2015

御在所岳藤内沢セックン 2015年2月28日 日帰り&宴会

しもうた! カメラを車のなかに忘れてきてまったorz
ま、いっか。とうことで、今回はガラケー撮影ですわ。



ゲート前で準備をしていると、
藤内小屋ボランティアのSさんが見えた。
登山口まで車に乗せてもらった。
ありがとうございました<(_ _)>
また乗せてください。


緊急報告!

超ウマイんだってば☆
ノーマル、超えたね。
定番になって欲しい。
「カップヌードルが本気で作ったエスニック」
だってさ☆ 日清さん、サイコー♡

湯の量は少なめがよいぞ