12.28.2014

卓越天気 29日3時〜31日9時

重いので隠しました。

12.27.2014

12/29日0:00〜30日15:00の移り変わり

3時間毎の卓越天気をアニメ化。
取り急ぎ。
重いので隠しました。


12.22.2014

余韻は続くよどこまでも/グラナイトギア「SIL DRYSACK」

冬山に限らず、年間を通して薄手のダウンジャケットはザックに忍ばせている。
しかし、冬山、とくにアルパイン系ともなると待ち時間が生じることもままあり
薄手のダウンジャケットではチト心許ない。

一昨年のシーズンオフ、TNFの「ビレイヤージャケット」がセールになっていたので購入。
これがもう超暖かくて、待ち時間でもヌクヌクなわけですよ。
しかしその反面、これが超かさばるんですな、当たり前だけど。
で、これを導入したってわけさ。


GRANITE GEAR「SIL DRYSACK」


12.19.2014

祭の余韻、かな/シモン「トウキャン2」

simondのビレイディバイス「toucan2」を買ってまった。
これ、いいかも。
以上! 
と思ったけど、追記しました。


12.18.2014

超個人的備忘録

冬用スタッドレスタイヤ購入。
次の買い換えは2019年か?

12.12.2014

冬のボンノー祭 KK編+α

kkのボンノー祭、開催だ〜!
ブツはコレ、オークリーの「POLARIZED RACING JACKET (ASIAN FIT)」。
あ、ちなみに本日は御在所岳の日な(標高1212m)。

レンズは偏光タイプ。交換レンズ(グレー)も付いているよ

スウィッチロックテクノロジーっていうんだってさ


スペックはHPからコピペな。
<フレーム>
すばやく簡単なレンズ交換を可能にするスウィッチロックテクノロジー
取り外し可能なストラップ
耐久性に優れ、長時間着用にも快適な軽量O Matterフレーム素材
汗をかくほどにグリップ力を高めるUnobtainium素材のイヤーソックとノーズパッド
レンズを正確な光学配置に保つスリーポイント・フィットの快適なフィット感とパフォーマンス
交換可能なメタルアイコン(追加のカラーは別売)

<レンズ>
高い解像度・鮮明度と正確な視野を実現し、米国規格協会ANSI Z80.3規格の耐衝撃性基準も満たすHigh Definition Optics
ワイドな周辺視野のエッジにまで鮮明度・解像度を拡大するXYZ Optics
8.75ベースレンズカーブにより、日光、風、衝撃に対するサイドプロテクション機能を向上
Plutonite®レンズ素材が、UVA / UVB / UVCを100%カットし、眼に有害な青色光線を除去
偏光レンズのオプション-世界最高のポラライズド(偏光)レンズ製造技術により、眩しい光を最小限にカット
Transitions® SOLFX®調光レンズのオプション:変化する光の条件に合わせてレンズカラーの濃淡を自動調整
Iridiumレンズコーティングにより、眩しい光をカットし、光の透過バランスを調整
オークリー純正度付レンズ

なんかよく分からんけど、スゲーんだろう(笑)

今までは、老犬1号からもらったスワンズのサングラスをずっと使ってたんだけど、
テンプルサイドに取り付ける風防がなくなってまった。
春〜秋はそれでも問題ないんだけど、
昨年の赤岳で強風にさらされたとき、
コンタクトレンズに風がモロ干渉して涙が出まくったようだ。
で、新しいサングラスを購入したってわけさ。



で、老2はコレをば。
ゴム太郎(笑) ネーミングが超クールだぜぇ☆

どこかのブログで拝見して「よいではないか!」ということで購入。
リアルスノーソーは結構なお値段ですが、ゴム太郎は2000円台と超お求めやすい価格デス。
柄の部分には、そのブログに書いていたとおりに自己粘着テープをグルグルと。
たいした重さじゃないので、冬山でテン泊するときにはザックに忍ばせておくと安心かな。



12.01.2014

Stray Sheep

今着ているホグのハードシェル「SPITZ JKT(初代)」は
ヘルメットの上からフードをかぶるとムーチョ窮屈なんですな。
もちろん、僕と裏番がカヤン族というわけではありません。
購入した当初はヘルメットをかぶる山なんて行くわけないと思っとりました。
ええ、人の生はうたかたにして、一寸先は誰にも分からないものです。

で、このほど「新しいアウターが欲しいなー」という
裏番の「おまえ飛んでみろや?」的恫喝要望から
新しいアウターの購入を検討しはじめたというわけです。

ちんたろう曰く「おいらはソフトシェルをずっと使ってるよん」と。
稜線ではカッパを上から羽織って風に対応してる、と。なるへそ。
そういえば、老犬1号も昨シーズンに新しいミックスシェルを買いよったな、と。
なるへそ、ソフトシェルがええかも知れへん、と思っていろいろ調べだしたところ
Shell沼にズッポリはまってしまいますたorz
考える葦の悲しい性、だって人間だもの……

ハードシェル、ソフトシェルというカテゴリはまあ分かるとして、
NeoShellやeVent、H2No、DRY.Q、Pertex Shield、dri3、ドライテック、
ゴアテックスなんてActiveとかパックライトとか、なんとかかんとか……
素材が大杉でワケ若芽でございます、ほんま。