7.31.2013

前穂北尾根
2013年7月27日〜28日 1泊2日




仕事と天候の両方に暗雲がモクモクと立ちこめている。
実際のところ仕事の状況も含め、GOできるか否か微妙だ。
が、そんなボクの背中を押してくれたのは、以下のヤマテンのリポート。

**************************************************************************************************************
気象予報士のコメント:(穂高岳)
27日:日本海にある上空に寒気を伴った低気圧がゆっくりと新潟付近へと進んでいく。
このため、湿った空気が入る場所では、積乱雲の発達に注意が必要。
明日は朝のうちに積乱雲が発達する可能性があり、
笠ヶ岳や抜戸岳など飛騨側の山岳を中心に落雷に注意が必要。
その後は、次第に雨は上がるが、大気が不安定なため、
飛騨側や槍穂稜線を中心にガスが取れにくい。
午後は再び、山麓を中心に積乱雲が発達する恐れも。 
警戒事項:落雷、沢の増水、視界不良による道迷い 
28日:上空に寒気を伴った低気圧が東北地方南部から太平洋へとゆっくり進む。
この西側に入るため、比較的乾いた空気が入り、午前中を中心に青空が広がりそう。 
担当予報士:猪熊
**************************************************************************************************************

ナヌ!? 28日の午前中は晴れとな! なら行くっきゃない☆オイオイ仕事は?
さて、吉と出るか、凶と出るか!?
ということで、行くぜ、前穂北尾根! 0726,1700 wrote+α
詳細はまた追って(のつもり…)





7.30.2013

不帰ノ嶮
2013年6月29日〜30日 1泊2日




だいたい名前からして穏やかじゃない。
ふ‐き【不帰】二度と帰ってこないこと。転じて、死ぬこと。なんだって☆
まるで迷い込んだら二度と戻れない冥界みたい♥って、冥界ってよく知らんけど…。


ということで、行くぜ、不帰ノ嶮☆
と思ったけど、ヤマレコを見てちょ☆


7.16.2013

baladéo G-series 27 grammes





もらった。
ありがとう。
でも、このナイフ、片刃なんだよね。
しかも、普通の右利き用の包丁とは逆に刃が付いている。
なんでやろ?


7.02.2013

富士山
2013年6月23日 日帰り



梅雨の合間と仕事の合間が、
ジョーと力石のクロスカウンターのようにバキッとキマった6月の週末。
とはいえ、ボクらに与えられた自由は1日のみ。
さて、日帰りでどこ行くっぺ?と思案するも、なかなか悩ましい。
八ヶ岳方面は先回行ったし、北アや南アは雪もあって日帰りではチト厳しいか。
中央アの駒ヶ根は、…ちょっと間もういいや。はて、困ったね。





と、その刹那、神の啓示のごとくある山が頭に浮かんできた。
これまで2回トライするも、
一歩のクロスアームブロックのように鉄壁ガードでキャインいわされた山…。

相方kkに相談すると「イッてよし!」とのこと☆
ウーム、chinタロウに電話しよ。





ということで、行くぜ、富士様♥
なんのポーズやねん☆