12.06.2012

風の強さについて

自分用


1.6〜3.3m/s(軽風 Light breeze) 気持ちイイ〜
顔に風を感じる。木の葉が揺れる。
はっきりしたさざ波が立つ。

3.4〜5.4m/s(軟風 Gentle breeze) ちょっと風が強くなってきたね〜
木の葉や小枝が揺れる。波頭が砕ける。
白波が現れ始める。

5.5〜7.9m/s(和風 Moderate breeze) 目あけれんじゃん!
砂埃が立ったり、小さなゴミや落ち葉が宙に舞う。
小さな波が立つ。白波が増える。

8.0〜10.7m/s(疾風 Fresh breeze) ヤヴァいかも…
葉のある灌木が揺れ始める
水面に波頭が立つ。

10.8〜13.8m/s(雄風 Strong breeze) かなりヤヴァいかも…キャインする?
木の大枝が揺れ、傘がさしにくくなる。電線が唸る。
白く泡立った波頭が広がる。

13.9〜17.1m/s(強風 Near gale) ぜったいヤヴァいと思う! キャインキャイン
大きな木の全体が揺れ、風に向かって歩きにくい。
波頭が砕けて白い泡が風に吹き流される。

17.2〜20.7m/s(疾強風 Gale) ←弱い台風 今日、ヤマ行くのやめっぺ(キッパリ)
小枝が折れる。風に向かって歩けない。大波のやや小さいもの。
波頭が砕けて水煙となり、泡は筋を引いて吹き流される。

20.8〜24.4m/s大強風 Strong gale) ←弱い台風 ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル
屋根瓦が飛ぶ。人家に被害が出始める。
大波。泡が筋を引く。波頭が崩れて逆巻き始める。

24.5〜28.4m/s(全強風 Storm) ←並みの台風 orz
内陸部では稀。根こそぎ倒される木が出始める。
人家に大きな被害が起こる。のしかかるような大波。
白い泡が筋を引いて海面は白く見え、波は激しく崩れて視界が悪くなる。


<参考:台風の分類>
弱い台風・・・・17.2〜24.5m/s
並みの台風・・・24.6〜32.6m/s
強い台風・・・・32.7〜43.7m/s
非常に強い台風・43.8〜54m/s


出典:wikipedia/ビューフォート風力階級

12.04.2012

霊仙山
2012年11月25日 日帰り




いつだったか、老犬Brosかっちゃんのブログで見て「行きてー!」と思ってた山。
自宅からクルマで1時間ちょいで登山口へ着いちゃう好アクセスな山。
でも、なかなか行けなかった。理由は簡単だ、そこにはヒル様がいるから。
梅雨時期から残暑までは、ヒル様が大いに活躍されるシーズン。アナオソロシヤ~
冬がもうすぐそこまで来た11月下旬、ようやく訪ねることができた。



ということで、行くぜ、霊仙山!
コイツもアナオソロシヤ~




11.20.2012

冬富士で起こったこと、考えたこと。




富士山御殿場ルートの六合目辺りで滑落事故に遭遇した。
まず最初に、亡くなられた方のご冥福を心からお祈りします。
下山開始




11.06.2012

中央アルプス北部縦走
2012年10月20日〜21日 1泊2日





今回はchinタロウ氏とジョイン山行(山登りは正月以来やね)。
9月の南ア釣行では河原を飛ぶような足取りで歩いていたchinタロウ師匠も
アルプス&縦走&デカザックの初体験にやや緊張気味。
しゃーないって、初体験のときは誰だってそうなんだから♥(またシモーヌか!?)
大丈夫、大丈夫、これでひと皮むけるよ☆(コラコラ)




ということで、行くぜ! 宝剣&空木岳☆
ムーチョいい天気だったね♥




10.28.2012

下ノ廊下 
2012年10月6日〜8日 2泊3日




時は過ぎる。記憶は薄れる、薄まる。
が、時を経てなお、残る記憶がある。
昨年、計画倒れに終わった下ノ廊下。
一年越しの山行は、まー面白かった☆
阿曽原は温泉サイコーでありました♥
詳しくは老犬1号のブログにて(笑)
cut-chang、乗っかってスマソ<(_ _)>





スーパー銭湯でも経験したことない状況。
ですが 、みんな少しずつ詰めて和気藹々。
山のなかで出会ったステキな空間&人情。
みなさん、ご立派過ぎッ! (ナニもかも、ね♥)










10.10.2012

川と煩悩。
2012年9月6日〜7日 1泊2日




田舎に住む健全なガキの例に漏れず
ボクも10代前半の一時期、バス釣りにはまっていた、しかもムーチョ☆
近所の釣具屋に毎日のように入り浸り、夏休みは部活をサボってバス三昧。
9月になり学校へ行くと、当然ながら部の先輩からかわいがられるわけで(笑)

でも、オトナ♥の階段を上る頃になると、
興味のベクトルはギョタイからニョタイへニョキーンと移り
バスから途中下車しちゃうのが健全な男子ってもの。
一時はバスプロに憧れてたボクも、内なる煩悩に抗うことができず、
ギョタイからニョタイへシフトチェンジしちゃったわけだが、それはまた別のお話。
Esse homo !  





9.06.2012

サヨナラ夏の日 in 笠ヶ岳
2012年9月1日〜2日 1泊2日+α








全国のガキたちが宿題に追われヒーヒー言ってる夏休み最期の週末。
ちなみにボクもヒーヒー組だったよ☆
ジャンダルム、鋸に続いて、ドトーの3連チャン山行へGO!
ボクらの短い短い夏休みもこれで終わりだ…orz
週明けにはまた馬車馬の日々が待ってるぜ…orz








とことん楽しんでやるぜ☆



ということで、行くぜ、笠ヶ岳!
いきなりかよッ(`ε´)

8.31.2012

鋸岳
2012年8月25日〜26日 1泊2日




先週、久しぶりの山行で奥穂〜西穂を縦走。
それまでなかなか山へ行けなかった欲求不満が爆発し
ややイキオイだけでGOしたキライもあるが
結果、無事にジャンダルムの頂に立つことができ非常に満足♥

でも、実はその後がタイヘンだった。
山から帰ってきて4日経っても全身筋肉痛が治まらん!kkね。ボクは復活☆
しかも憧れだったジャンをクリアしたヤツは
山へのモチベーションもややダウン。
だ、大丈夫か?でも行くよ〜



ということで、行くぜ、鋸!
甲斐駒からいよいよ鋸へ。
危険
んだって☆ガクガクブルブル



8.24.2012

I am the resurrection and I am the height !
ジャン千秋楽






初日、いつものように吞み過ぎる。
19時前にはすでに泥酔状態。
そんな姿を月はどう見ていたのだろう。
折しも繊月、その弧はギリギリまで引き絞られた弓のようだ。
機は熟した、あとは番えた矢を放てばよい。



ボクらふたりが山に登りはじめた頃から、
キミがずっと憧憬れていたあの頂へ、さあ、行こう。
その前に寝よ(笑)



ということで、行くぜ、ジャンダルム!
ウマノセの核心をクライムダウン




8.22.2012

I am the resurrection and …
ジャン初日





ようやく取れた、短い短いオトナの夏休み。
山へ行けない欲求不満を、ボンノーで満たす日も今日で終わりだ。ホントか?
土曜の夜、ボクらは新穂高を目指し北へとクルマを走らせる。
折しも新月、オオッ、resurrectionにムーチョ相応しいじゃまいか☆





ということで、行くぜ、ジャン! その前にツライ白出沢ねorz
piso隊員、逝っちゃてます(笑)
Kちゃん、クロだから馴染んでまった…スマソorz



8.21.2012

7.29.2012

なんだかな〜





え〜っと…
BON-NO-が、ぜんぜん止まらないぜ。
SALEWA「MS ALP TRAINER MID GTX」
てかオマイ、山行ってねーじゃん! by kk)
また買ってまった…





7.25.2012

Bon-noが止まらない




今回は寿司煩悩。
一年に一度のシンコまつり。
この時期しか出逢えない十枚付けの握り。
コハダはコハダでうまいが
香りマッタケ、味シメジよろしく
香りはシンコ、味コハダってところか。
鼻腔を抜けるその爽やかな香りに
今年もまた夏がやって来た、と思う。
小さな一尾一尾を仕込む手間を考えると
気後れしてそうは食べられない。
せめて五枚付けぐらいになると
もう少し気軽に食べられるんだが…。
てか、ほかにもアジやサバ、
イワシにサンマ、イチミダイ、
マグロにウニ、アナゴ、あと何だっけ?
最後にもう一貫だけと思ってたんだけど
腹一杯で二貫目のシンコまで辿り着けずorz
ま、そのぐらいがちょうどいいよね(マケオシミ)
「また来年」を楽しみにしよう。
お寿司屋さんにもそうそう行けないしね☆


ムーチョ、うまかった〜☆
ごちそうさまでした。





7.22.2012

鳳凰三山
2012年7月16日 日帰り




<ウィキより>
オベリスク(obelisk)は、古代エジプト(特に新王国時代)期に製作され、神殿などに立てられた記念碑(モニュメント)の一種。近代および現代においては、エジプトに拠らず欧米の主要都市の中央広場などにも建設され、その地域を象徴する記念碑である。その意味でメンヒルに類似する。

なんだってさ。“オリベスク”とよくゴッチャになる。
ということで、イントロはお茶を濁して、行くぜ、鳳凰三山!



7.16.2012

ロシアンルーレット




今後の人生を占うべく、ロシアンルーレットにトライしてきた。
何本かの残置ロープにイノチを預けてみないかい?
エッ、他人が残したロープなんて信用できないって? 
ごもっとも。だけどもだけど、ボクは








ヒトを信じて、傷つく方がイイ〜♪
って、傷つくだけで済んだらいいね。ヘタしたら死んじゃうよ☆(JASRoCkさん、見逃してちょ♥)


詳細はまた後日。








7.10.2012

想い出よりモノ②




好日山荘でセール品を発見&衝動買い。
てか、これ買わないって考えてたヤツじゃね?
先日、トレラン用ゲーターのセレクトをいろいろ考えたが意味ナシ☆
まいっか。使いにくかったらkkにあげよう(笑)

MOUNTAIN HARDWARE SETA STRAPLESS RUNNING GAITER

後にはベルクロ。これは使わんと思う。

前に付いてるフックをシューレースに引っかける。
これがけっこう引っかけにくい。
ポジティブに考えると外れにくいということだ。
さて、現場では使いやすいのか、にくいのか?


7.09.2012

想い出よりモノ①




山に行けないストレスが煩悩を呼び覚ます。
買ったはいいが、使う日はいつ来るんだ?

METOLIUS PAS 22
各輪っかとも22kNまでオケ

7.07.2012






















6.07.2012

トレラン用ゲーター悩み中




先日の谷川岳・西黒尾根のレポにも書いたけど、
半パンで山へ行くと、どうしても靴の中に砂や小石、雪などが入ってくることが多い。
これはサロモンの靴に限らず、登山靴でも同様で、結構不快なり。
これから夏に向けて半パン率が高くなるので、なんとかしたいんだよね〜。
ということで、トレラン用のゲーターをざっくりリストアップ(値段順)。
でも、ナニがいいのかさぱーり分からんね〜。

ヘリテイジ 「ULトレイルスパッツ 」 2500円 50g(?) 
・靴底に回すゴムが切れやすいとも
・セラミック防撥水・透湿コーティングを施した耐摩耗に優れたストレッチ素材
・足入れ口はベルクロでサイズ調整

inov-8「DebrisGaiter 32」 2520円 32g(?)
・ポリアミド(ナイロン)98%、ポリウレタン2%

Lafuma「TRAIL GAITER II」 2625円 399g(片方)
・重い(もしかして表記ミス?)
ストレッチ性のナイロンアッパー

SALAMON「S-LABゲイター」 2940円 ??g(?)
・アーチのあるソール形状のローカットシューズにのみ装着可能

MOUNTAIN HARDWEAR「SETA STRAPLESS RUNNING GAITER」 3780円 47g (Lペア)
・シューズヒールにベルクロを貼る必要あり

Terra Nova「ランナゲーター」 3990円 65g(片方)
・ナイロン70% ポリエステル20% エラスティン10%

OUTDOOR RESEARCH「Ultra Trail Gaiters」 5040円 77g(ペア)
・高い!
・シューズヒールにベルクロを貼る必要あり


消去法で考えると、
⑤⑦はベルクロテープを靴に貼る必要があるので即却下。
④はローカットシューズのみに装着可ということなのでこれも却下(ローカット持ってない)
残りのなかで、⑥はチト高いので却下か。
③は片方399gと他に比べムーチョ重い。表記ミスか? 現在ショップに問い合わせ中だが、もし399gなら却下。
①はあるサイトで見たけどゴムが切れやすいんだって。却下候補
②は情報が少ない。却下候補



…って、ぜんぶ却下じゃんorz
悩むな〜。でも、いろいろと悩むもの楽しいもんです、ハイ。
オススメのトレラン用ゲーターがあれば教えてちょ! もしくはコレがイイとか。
ちなみに、サロモンのトレッキングシューズだけでなく、
登山靴(テクニカ・クリフ)にも使えるゲーターがいいな〜。


<追記>
③のLafuma「TRAIL GAITER II」の重さは、やはり載っていたサイトの誤表記だったのようだ。
直接問い合わせたところ、

>S:UK3.5(JP22.5cm)〜UK6(JP25.0cm)は約:80g (1ペアー) 片方;約40g
>M:UK6.0(JP25.0cm)〜UK10(JP29cm)は:約84g (1ペアー) 片方;約42g
>小石等侵入防ぐ為なので、キツメ企画です。
とのこと。

ラフマジャパンさん、対応早い☆ ありがとうございました!



チェック


6.04.2012

新緑の谷川岳
2012年6月2日 日帰り




私用で群馬県に行った。用事があるのは6/3(日)だ。
土曜日のスケジュールは空いている。せっかくの群馬。
せば、行かねばいかんね、あの山へ。

ということで、行くぜ、谷川岳!
最近、赤が多いね、kk。
でもここ、山頂ではないけどね〜。



5.28.2012

御在所岳前尾根
2012年5月26日 日帰り




先週に引き続き、2週連続の御在所岳。
といっても、前回と今回では気合いの入り方が全然違う。
前回は大所帯&キッズのお気軽登山。
今回はずっと行ってみたかった前尾根クライミングだ。
登る前から鼻息がムーチョ荒いゼ☆


ということで、行くぜ、前尾根!
P3にトライするkk。
テンパリ気味でイッチャッたその目は、
イワトビペンギンのように凶暴だゼ☆



5.27.2012

みんなの御在所岳
2012年5月20日 日帰り




今回で5、6回目となる御在所岳。
最近バリルートに興味を覚えた相方kkとふたりならば、まず登らない中道をセレクト。
というのも、今回は小学1年生のキッズ〜アラフィフまでの総勢11名の大所帯だったからね〜。
職場のスタッフやそのファミリー、仕事でお付き合いのある方々にご参加いただいた。
当然ムチャはできない。けど、やっちまったかも…orz



ということで、行くぜ、御在所岳!
キリン柄がステキだぜ☆you
ヒゲのおっさんも欲しいせ☆



5.23.2012

宝剣岳
2012年5月4日 日帰り




例えば、八ヶ岳の横岳とか、阿弥陀岳とか、
初めて登ったときはめっちゃコワかったんだけど、
2回目以降は「なにがコワかったの?」てなことがよくある。
人間、成長するものである。
宝剣岳も今回で2度目。残雪期とはいえ、「ま、それほどコワないやろ〜」と思っとりました。
…宝剣さま、ボク、ナメとりましたorz
むーちょコワかったよ!ガクガクガク (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ということで、行くぜ、宝剣岳!
と、言いたいところだけど、詳しくはヤマレコを見てちょ☆

顔は見えないけど、オニの形相で登るkk。
ある意味、宝剣よりコワいyo!





5.15.2012

燕と蝶 最終日
2012年4月28日〜30日 2泊3日





さて、やっと最終日(^_^;)
さっくり行くぜ!
ヘリの爆風に耐風姿勢orz


5.14.2012

燕と蝶 2日目
2012年4月28日〜30日 2泊3日



君は何故、山に登るのかい?
山に興味のない友人からたまに聞かれることがある。
達成感? 充実感? 征服感? 絶景? オイシイ空気?
ウーン、どの答えもハズレではないけど、ひと言で言い表すことなどとてもできない。
でも、ただひとつだけ確かに言えるはこと、それはコレ↓
ま、そんなもんです、山へ登る理由って☆
ということで、行くぜ、大天井岳!
みんなで「ヤリ〜!」 cut-chang、それはせんだみつお☆ナハナハ



5.09.2012

燕と蝶 初日
2012年4月28日〜4月30日 2泊3日




車のなかに置き忘れた紙コップのアイスコーヒーみたいに
時がやや過ぎ、薄まってしまったGW前半の記憶。
頭のなかに残っている記憶の軌跡のトレースを試みるも
毎夜毎夜泥酔気味なアルコホリック・ブレインは
壊れかけのradio、もとい壊れたTVのようなスノーノイズ。
消えかかった軌跡を見失わないよう、ゆっくり、ゆっくり。
シワのないブレインで滑らないよう、慎重に書き進めよう。
そう、快適なスピードで、だ。




ということで、行くぜ、まずは燕☆
スベる話は毎度のことだよ!




5.01.2012

燕と蝶





宴に行ってきた。詳細はあとで。
テントウムシがなぜ?


4.28.2012

みんな

準備は終わった?
今日か、明日か、明後日、
山で会いましょう。

では、行ってきまッス☆宴会に


4.25.2012

ただいま乾燥中

山では不足がちな野菜
生野菜はムーチョ重い
ムーチョ重いはkk
kkはムーチョ怖い
ムーチョ怖いはkk
kkはムーチョ重い
ムーチョ重いは生野菜
…ということで、自家製乾燥野菜を仕込み中☆

4.21.2012

恵那山
2012年4月15日 日帰り



標高は、3000mにはほど遠い2191m(山頂の標識は2190m)
しかし、歴とした日本百名山のひとつだ。
もちろん2000mに満たない百名山もあるわけで、
逆に3000m級であっても百名山でない山もあるわけで、
標高そのものは百名山の選定基準のキモではない(原則1500m以上らしい)

百名山ハンターであるボクら(だったっけ?)にとって、
この山は実に悩ましい存在だった。
近場なのでいつでも行こうと思えば行ける。しかも日帰りで。
グリーンシーズンは展望が望めないとの話もあり、しかもブヨ攻撃あり。
ウ〜ム。
ならば、行ける山がなくなったときに行けばいいじゃん、と。
(いや、そんな日は絶対来ないんだけどね…)
The time has come,now it is the time!(google翻訳orz) 
そう、フェリスはある朝突然に、だ。(何の話や。見たこともないし…)

ということで、行くぜ、恵那山!
本日はカレー日和♥




4.16.2012

御在所岳本谷コース
2012年4月8日 日帰り





昨年秋の雷鳥沢で、ボクらは「吞み過ぎ」ということが身に染みた、はずだった。
昨年末の八ヶ岳で、ボクらは「ほどほど」ということが身に付いた、はずだった。
それなのに何ってこったい! 
「目が覚めて 今朝も朝から 頭痛が痛い」老犬1号・2号心の俳句
ああ、ナメック星人はやはりスーパーサイヤ人になれないのか。

ということで、行くぜ、本谷!



コモドドラゴン☆クライム
やっちゃん、ありがと。
南山にて(御在所岳とまったく関係なし。詳細はCLOUD NINEさんへGO!





4.09.2012

南山クライミング&御在所岳本谷 イントロ
2012年4月7日・8日

久しぶりにスカッと晴れた週末。
いつものメンバーと一緒にクライミング&登山。
続きはまた追って。




豊田市◎南山女岩
テラスにて懸垂下降の準備









残照の鈴鹿山脈(鎌ヶ岳)





4.06.2012

酒の備忘録

本日、数ヶ月振りか、十数ヶ月振りか、数十ヶ月振りかの休肝日。
酒を吞まない夜は、とて〜も長く感じるね。
この日を忘れないためのメモ。明日からまたドンチャン。
次の休肝日はいつになることやら…。


3.29.2012

久しぶりの雪山登山〜岐阜・鷲ヶ岳〜
2012年3月20日 日帰り




福井県でドンチャン@cloudnineしたり…
六呂師高原温泉キャンプグラウンド




山陰をグルリと旅してみたり…
山口県◎秋芳洞




京都の美山でまったり@cloudnineしてたり…
美山町自然文化村河鹿荘のバラ風呂♥アーン


2〜3月にいろいろ遊んだけど、なんとなくアップする気が起こらず放置プレイ。
これじゃいかんね〜、ということで久々の雪山登山をアップしよまい。
サクっとね。




3.03.2012

すばらしい






神々が集う。




2.18.2012

Why? どうして?




2008年の夏、ボクははじめて本格的な登山靴を買った。
TECNICAの「CLIFF」というモデルだ。
なにしろはじめての登山靴なので、何を買ったらよいのかもぜんぜん分からず
とりあえず当時名古屋の広小路沿いにあったIBS石井スポーツを訪ねた。
店の奥にある棚にはいろんな靴が並んでいたが、
そのときボクの目に飛び込んできたのがこの「CLIFF」だった。
グラファイトグレーを基調にシルバー&ブラックという配色。
アッパーのゴアテックス部分はサニー千葉の鎖帷子さながら。渋いぜ☆
そして、ソールに入ったヴィヴィッドなオレンジのアクセント。
いっぺんにヤラれちまって即買いしちゃったぜ!

よく見ててね!(左右反転)



ヤマおろしとなった御在所岳、はじめての雪山だった黒斑山
初テン泊&暴風雨だった立山、切れ落ちた崖にビビッた横岳
雪テン泊デビューした唐松岳、KKがサンダルで下山した槍
最高の仲間と出会った八ヶ岳、ブヨ攻撃にお岩となった剱岳
ずっと憬れてたジャンダルム、5合目でキャインした富士山
春夏秋冬いろんな季節の山を、僕はこの登山靴で登ってきた。

靴底は僕の親父の頭よろしくすり減ってかなりツルツルだ。
で、多忙ゆえ山へ行けないこの時期、やっとソールの張り替えに出すことができた。
今週、修理を終えて手元に戻ってきた。


が、Why? どーして?


2.08.2012

eau de vie 〜Z4〜




正月の八ヶ岳以来、ぜんぜん山へ行けてないorz
例年この時期はムーチョ忙しいので、まぁ仕方がないんだけど
JOJOにしかし確実に欲求不満は積もってくるわけでして。
そのハケ口を求め、別の欲望が頭をもたげてくる今日この頃。
そう、物欲って煩悩が、ニョキーン☆と頭をもたげてくるのである。


で、こんなん買っちゃったよ、ムフフ。






で、サングラスとはまったく関係ないけど、このワイン、まいうー♥
名古屋の「ワインプラザマルマタ」さんで買ったオーガニック(たぶん)。甘口&濃い。




1.10.2012

年越し八ヶ岳 〜最終日〜
2011年12月30日〜2012年1月1日




さて最終日、2012年元旦でございます。
二日目の居酒屋赤岳鉱泉も年越し前にはめでたく看板となり
2011年最後のミッションも無事完了することができた。
本日は最終日、あとは下山するのみだ。

今回はいろんな方々と再会&出逢った山行でもあった。

昨年八ヶ岳でお会いしたhookey&yosee。
茅野駅へちんちゃんを迎えに行くと、そこに一緒にいたのがこのおふたり。
一年ぶりの偶然の再会にビックリです。またお会いしましょう!

cut-changのお友達、河童さんとtochikoさんろくべえさん、かおさん、わいさん。
わずかな時間でしたが、楽しいひとときをご一緒させていただき、ただただ感謝です!

以前燕岳&八ヶ岳でお会いしたカメラマンのお兄さん。
お名前は存じ上げないけど、いつも大きなカメラザックを担いでいるのですぐ分かりました。
今度お会いしたときはキチンとご挨拶させていただきます。

昨年に引き続き九州からアイスクライミングに来ていたお兄さん。
「来年、また会おうね」と誓い合いました。

関西から参戦のなべちゃん&ガッキー。
すみません、初対面なのに土足でドカドカと割り込んでm(> <)m
またいずれかの山でお会いしましょうね〜!

そして、最後の最後で「ワオッ!」な再会も待っていようとは…。


ちんちゃん、勝手に拝借したよ!






1.09.2012

年越し八ヶ岳 〜二日目 後編〜
2011年12月30日〜2012年1月1日




さて、二日目後編。
展望荘天望荘でカレーを喰って、超まったりと約50分も休憩。休みすぎやね〜。
ま、ぼちぼち行きまひょ。


ということで、イクよ〜、横岳〜!






1.06.2012

年越し八ヶ岳 〜二日目 前編〜
2011年12月30日〜2012年1月1日




今回の山行のメインイベントはもちろん宴会なのだが(毎回か?)、
宴会以外のもうひとつの目的、それは赤岳〜横岳〜硫黄岳の縦走だ。
昨年はまだ不安だったので、赤岳と硫黄岳をそれぞれ単独で攻めた。
今回は多少スキルも上がった(ハズな)ので、計画通り縦走へ向け早々に準備。
幸いにして雪が少なく、気温もそれほど低くない。警戒すべきは稜線の強風だけだ。

…って、いやいや、違うでしょ。
泥酔Brosにとってもっとも警戒すべきは「酒」じゃんね♥


ここ最近の山行では宴の度が過ぎ、惰眠をむさぼり撤退を余儀なくされたこともしばしば。
今回も吞まない、いや吞まれない自信がない(キッパリ!)
初日、cut-changのお友達とジョインし、みんなで一緒にドンチャン。
昨夜、というか昨昼からの大宴会は総勢13名という、大宴会というに相応しい盛大な宴となった。
吞んで喰って喋って、喋って喰って呑んで、吞んで喋って喰って…の、楽しい楽しい無限ループ。

でも、今回の泥酔Brosとその仲間たちはひと味違うぜ。
「ほどほど」という言葉を一年の最後の最後でようやく覚えたようだ。
15時頃にスタートした宴会は、ナント!21時頃(?)にはお行儀よくお開きとなった。
“ほどほど”に呑み続けることほんの6時間、
我々は目の前に横たわってた最初にして最大の難関を無事クリアしたよ

スゲー! 自分で自分を褒めてやりたい。これで縦走は成功したも同然さ。
翌朝(12/31)は予定どおり5時起床(といっても、peeをガマンできず起きただけなんだけどね)
2012年の泥酔Brosは、ヤルときはヤルぜ!(たぶんね)


ということで、行くぜ、南八ヶ岳縦走!







1.05.2012

年越し八ヶ岳 〜初日〜
2011年12月30日〜2012年1月1日 2泊3日





ボクらにとってはじめて小屋泊まりした山。その山を始めて約2年が経つ。
前回の年末年始に引き続き、今回の年越しも八ヶ岳と決めていた。
振り返ってみても八ヶ岳に通った回数は、ほんの数回にしか過ぎない。

厳冬期の女神は、そんなボクらにも優しく微笑んでくれた。
今回のような優しい笑顔の女神に出遇えたのはまさに奇跡。
皆を受け入れる穏やかな眼差しが山の人々全員に注がれていた。

八ヶ岳赤岳はボクにとって特別な山の一つ。
そんな特別な山で、最高の友と最高の時間を過ごせる幸せ。
とみに仲良しな友。遠くの友。異国の友。そしてこれからの友。

いま幸せに想う、多くの友と山で出遇い、笑い合えることを。
衒いなど無いぜ。山に登るから友と巡り遇うのかもしれない。
また一緒に酒を呑もう。また一緒に飯を喰おう。また一緒に敗退しようorz。

だから・・・だから・・・友へ伝えたい、ありがとう。










1.02.2012

年越し八ヶ岳





あけましておめでとうございます☆

今年もよろしくお願いします。
詳細はまた追って。